ラオスの風・・ 南の国のミュージアム

czb12447.exblog.jp ブログトップ

異国で迎えた誕生日

4月末で電話代滞納という事で回線が切られてしまった。どうも前の住人の方へ請求書が行っていたみたい。ようやく祝日終えて昨日支払いを済ませネットも開通した。

4月30日が誕生日だったのでその様子を書くことにします。いつもゴールデンウイークは結婚記念日、私の誕生日、次が息子、その前後に母の日が来るので何かとお祝い事が多い。ことしはまずゴールデンウイークが関係ないが、ラオスでも選挙とメーデ、その代休と続いて不規則な勤務日程だった。

一度、博物館のお世話になっている関係者を自宅に招待することにしていたので、誕生日は伏せて30日にお招きした。5時と言ったら大体6時はじまりがラオス流。家のポスターを見てなんで言ってくれなかったのとか言いながらそれぞれ一度消えてしまった。

また集まるとそれぞれお祝いの品を持ってくるではないか、申し訳ない。そうさせないつもりだったのに・・・でもナイトマーケットで絵を売っているノイは自分の作品を持ってきてくれたり、やはりバンパノムでの布の村に住むコンも布を持参してくれたり・・・

お店休ませたのかもしれないな。ここの公務員はたいてい副業があって店や宝くじ売り、野菜を売る校長もいる。

ワイフは隣の日本語を教えている娘のターのお母さん、ミーと一緒に何日も前から料理の助っ人をかって出てくれて身ぶり手ぶりで相談してしている。ルアンパバンン式肉汁そうめんのカオプンやルアンパバンマヨネーズのサラダを作ってくれた。

ワイフはJVたちにも手伝ってもらって寿司ケーキや巻き寿司、冷凍サーモンの刺身などをこしらえた。

バンペン館長やら学芸の連中中心に12名のお客様とJVたちで、
a0186635_17114349.jpg
a0186635_17163722.jpg
a0186635_17211741.jpg
総勢20名のにぎやかなパーティとなった。日本でもこんなににぎやかにやることはないのに思い出に残る異国の誕生日を刻むことができた。

サプライズといえば、始まる直前にラオ語で場所の問い合わせがなん度も来て幸い、言葉がわかる方たちが何人もいるので何かと聞けば、誕生祝の花束とチョコレートの贈り物が届いた。メッセージを見ると二人の息子からだった。メールもないなと思いきやとんでもないだいぶ前から考えて、宅配もないラオスではアカンのでシンガポールに発注しFedxに配達させたらしい。

これまでになく息子二人の連名がうれしかった。

自己紹介したり、さまざまな両国の料理を味見してもらったり楽しい3時間だった。
[PR]
by czb12447 | 2011-05-03 17:23

ラオス・ルアンパバーンの暮らしと国立博物館をレポート


by czb12447
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite